統計・データ

その他

森ビル調べ/昨年の23区大規模オフィス/空室率3%割る

 森ビルは22日、東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査を発表した。調査によると昨年23区で供給された事務所部分の延床面積が1万平方メートル以上の大規模オフィスビルは154万平方メートルだった。一方、新規需要量(吸収量)は157万平方メートルと供給量を上回り、この結果空室率は2.8%と5年ぶりに貸し手優位の基準とされる3%割れとなった。  昨年の供給量は調査を始めた1986年以来過去3番目に多 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月26日