行政

その他

今後のマンション政策で答申/「第三者管理」仕組みづくりを/再生では課題解消を指摘

 社会資本整備審議会住宅宅地分科会(分科会長・越澤明北海道大学大学院教授)と同マンション政策部会は2月24日に合同会議を開き、「分譲マンションストック500万戸時代に対応したマンション政策のあり方」の答申案をまとめた。  答申案は、マンションの現状・課題、マンション政策の経緯と現状、今後のマンション政策における基本的な考え方、今後のマンション政策としての具体的な施策の5章で構成。国民の約1割が暮ら ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月2日