不動産証券化

その他

住信基礎研調べ/私募ファンド 初の減少/半年で3千億円 LTV6割に低下

 住信基礎研究所が実施した不動産私募ファンドに関する実態調査によると、昨年末時点の資産運用額は13.2兆円で、1年前調査(07年12月末)より3.4兆円増えたものの、前回調査(昨年6月)の13.5兆円と比べると3000億円減少した。03年の調査開始以来、市場規模が縮小したのは初めて。推計には民事再生中のAM会社が運用する7347億円も含めたが、再建の行方次第ではさらに減少する可能性もあると指摘して ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月2日