行政

その他

国交省/住宅着工1月は19%減/分譲26%落ち込む

 国土交通省がまとめた1月の新設住宅着工戸数は前年比18.7%減の7万688戸。季節調整値年率換算では95万5700戸の低水準となった。  利用関係別では、持家2万57戸(前年比10.8%減)、貸家3万1628戸(同18.4%減)、分譲住宅1万8434戸(同26.4%減)で、持家4カ月連続、貸家、分譲は2カ月連続で前年を下回った。  地方圏の落ち込みが著しく、1985年以降で最低を記録。近畿圏も1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月2日