不動産証券化

その他

ラサールインベストメントMが分析/日本への投資は「郊外SC」へ/懸念はCMBS大量償還

 世界的な不動産投資顧問のラサール インベストメント マネージメントは、日本の景気後退は過去の不況より長引く懸念が強く、不動産価格のもう一段の調整が避けられない現状では、キャッシュフローの安定度が比較的高い郊外型ショッピングセンターへの投資がディフェンシブ銘柄(アセット)として最も適している、とするリポート「09年不動産投資戦略」を発表した。  会見した日本チーム統括のオリヴィエ・メージュ氏は「日 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月2日