その他

連載

先端を読む(92)/住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート/“ユニクロ型”の分譲手法/質確保のアピールが必要/提供する“幸せ”明確に

 本家「ユニクロ」の服は、低価格で品質・デザインはまあまあソコソコ。「この値段でこの服が買えれば十分じゃない」というところで、支持されている。  例えば、ニット製品にウールマークが付いていなくても誰も気にしない。そもそもウールマーク自体、その神通力が薄れ、気にする人が減っている。今、日本で売っている服は、生産国がどこであれ、一定の水準に達しており、とんでもない商品はない。そういう安心感の上に本家の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月2日