分譲

その他

カプリス/民事再生を申請

 帝国データバンクによると、カプリス(東京都港区、渡辺澄人社長、資本金3000万円)は2月27日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。負債額は約105億円。  同社は、1995年8月に設立。戸建分譲住宅の販売を主体に注文住宅の建築請負、リフォーム工事などを展開。近年では、富裕層向けのリフォーム事業を開始したほか、認知症対応型施設のグループホームの運営も行っていた。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月2日