開発, 賃貸管理, その他

その他

鉄道会社が賃貸に本腰/分譲から保有へビジネス転換/遊休地活用で安定収入

 電鉄各社が賃貸住宅の自社開発・保有に力を入れ始めた。これまで遊休地利用は売却や分譲マンションが主流だったが、ここ1年半ほどの土地価格の下落、長期安定収入策として着目するなど理由はさまざまだ。しかし共通するのは、いずれも沿線活性化と長期的な鉄道の利用を見込み、シングルや若年層を対象にした物件に力を入れていること。一般的に賃貸住宅は供給過剰と言われるが、駅近の良質物件は希少性が高いことから、事業とし ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月9日