行政, その他

その他

境界紛争/“裁判外の解決”静かに浸透/筆界特定ADR 国も制度整備へ

 境界紛争の早期解決を目的に導入された筆界特定制度。施行から3年が経った今、申請数は法務省の当初見込みを大きく上回るペースで推移している。これに伴い、全国の土地家屋調査士会が主催するADR機関への相談も増加傾向。ただ、円滑な紛争解決には課題も多く、制度とADRとの連携を図ろうとする動きも法務省を中心に出始めた。(鳥海和也記者)  筆界は、ある土地が登記された時に、その土地の範囲を区画するために定め ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月9日