行政

その他

土対法改正案が閣議決定/開発時の届け出義務化

 土壌汚染対策法の改正案が3日、閣議決定した。一定面積以上の土地を開発する際に届け出を義務付け、汚染の可能性があれば都道府県知事が開発業者に調査命令できる仕組みを導入する。公布の日から1年以内の施行を目指す。  改正案は、一定面積以上の土地を開発する際に届け出を義務付け、汚染の可能性があれば都道府県知事が開発業者に調査命令できるよう明確化する。これまでは有害物質を扱う工場の廃業時などしか調査を命じ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月9日