開発

その他

リッチライフ/工事中断物件を“再生”/破産デベの事業買取販売へ

 リッチライフ(横浜市中区、石田薫社長)は、デベロッパーの破産によって建設工事が中断していた分譲マンションの開発事業を引き継ぎ、自社物件「ロワール大倉山」(総戸数37戸)として、2月下旬から販売を開始した。今年7月下旬に竣工する予定。同社では、「デベロッパーやゼネコンの倒産によって工事が中断している物件は数多い。こうした物件を業界としても再生していく必要がある」(石田社長)としており、要請があれば ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月9日