行政

その他

国土交通省/高優賃認定基準 既存改良は緩和

 国土交通省は4月1日、高齢者居住安定確保法の施行規則に基づく「高齢者向け優良賃貸住宅の認定基準」を一部改正する。既存住宅の改良による高優賃については、基準を緩和することで、供給を円滑化することが狙い。  緩和内容は、(1)玄関の出入口等の段差(2)日常生活空間外の専用部分の段差(3)浴室の手すり(4)階段及び共用廊下の手すり設置高さ(5)窓の転落防止用の手すり(6)共用廊下の段差解消・手すり―― ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月9日