行政

その他

国土交通省/「空き家対策」検討開始/治安・景観悪化 周辺に悪影響 価値低下を防止

 国土交通省は09年度、管理水準が低下した空き家や空き地などにより、周辺の土地利用価値が低下し、周辺環境にもマイナスの影響をもたらしている不動産の有効利用を方策の検討に着手する。  人口・世帯数が減少するなど社会情勢が変化し、土地需要が緩和。増加する空き家や空き地の中には十分な管理がなされず、雑草の繁茂や廃棄物の不法投棄も見られ、治安や景観への悪影響の懸念や、周辺の不動産価値の低下につながる恐れも ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月16日