開発

その他

ミツウロコ/横浜西口に再開発でオープン/複合アミューズメント 延べ床面積は2万7千m2

 ミツウロコ(東京都千代田区、田島晃平社長)が横浜駅西口で開発を進めてきた複合ミュージアム施設「HAMABOWL EAS(ハマボール イアス)」が竣工し、3月12日にグランドオープンした。  2007年1月に閉館した「ハマボール」を取り壊して建設した再開発事業で、地上8階建てで横浜最大級の延べ床面積約2万6897平方メートルになる。駐車場スペースは139台分確保した。ボウリングや東京ドームが運営す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月16日