行政

その他

任意売却/担保権消滅を制度化/自民党が新法提出へ 後順位者の同意不要

 自民党は17日、「不動産任意売却促進法案」(不動産の任意売却を促進するための担保権等の消滅に関する法律案)を了承した。所有者と担保権者の合意により、後順位担保権者の同意がなくても競売にかけることなく担保権を消滅させる仕組みを導入することで「任意売却」を進めやすくする内容。任意売却は、競売に比べ手続きが迅速なことから、使い勝手をよくすることで資金回収の円滑化や担保不動産の流動化を促すことが狙い。議 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月24日