行政, 地域業者

その他

首都圏住宅地/需要減退で一転下落/浦安、武蔵小杉など7%

 首都圏の住宅地も下落に転じた。東京圏は平均で前回の5.5%の上昇から4.4%の下落に転じ、ほぼすべての地点で下落となった。目につくのは、マンション需要や住宅開発需要、あるいは収益性期待の不動産投資などを背景に高い上昇を示していた地点。今年は、そうした地点で需要の反動が見られ、一転して下落傾向が堅調になった。  東京都区部では、平均で17.3%の上昇から8.1%の下落に転じた。都区部以外でも、相対 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月24日