行政, その他

その他

名古屋の商業地 下落率トップを独占/過熱投資の“つけ”重く/需要激減でも新築ラッシュ/オフィス街は軒並み20%超下落

 地方都市の地価下落が深刻だ。とくに下げがきついのが2年ほど前まで大量の資金流入が続いていた名古屋や福岡、仙台などの商業地。20%超の下落地点が相次いだ名古屋市オフィス街は全国商業地下落率トップ10のうち実に9地点を占め、福岡や仙台のオフィス街でも前年に20%前後の上昇率を示した地点が今年は一気に2ケタの下落率に沈んだ。金融環境と地域経済の悪化に07年までの過剰投資の反動が加わったためで、今のとこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月24日