ハウス・住設

その他

経産省など実証実験/部材・設備の「行方」把握/ICタグで情報一元管理

 経済産業省と住宅関連21社、4団体は住宅に使われる建材・住宅設備の生産・流通履歴管理を簡略化するシステムの実証実験を行った。生産した後、エンドユーザーの手に渡るまでのポイントごとにICタグを専用機器で読み取って、読み取り日時・場所をデータベースに蓄積していくことで、設備の「所在」をはっきりさせておく。点検時期が近づいた時にユーザーに知らせることができるため、設備の老朽化による事故などを未然に防ぐ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日