行政

その他

土壌汚染地の利活用/自治体がマップ整備を/低廉な対策の事例集も

 国土交通省の「土地の有効利用のための土壌汚染情報等に関する検討会」(座長・白鳥寿一東北大学大学院教授)は18日、中間報告案を審議した。人為的土壌汚染の調査を手助けする「事業所立地履歴マップ」や、自然界に存在する物質濃度など「自然由来重金属等マップ」を自治体が整備することで、土地の利活用や土地取引の活性化に結びつくとする内容。マップの公表については、過剰反応や風評被害を考慮し、国に「正確な知識の周 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日