不動産流通・売買・仲介

その他

アシスト/底地コンサルが好調/“調整役”徹し業者の依頼増

 アシスト・コンサルタンツ(東京都葛飾区、松戸一浩社長)は、底地売買や賃貸物件の立ち退き交渉など権利関係が複雑な不動産コンサルティングに強みを持つ。強引な交渉ではなく、当事者へのヒアリングを重ねて妥協点を見出す「調和型」の交渉で高い解決率を誇る。同社では不動産事業は行わないため、最近は不動産会社からの依頼も増えてきたという。 ●「調和型」の交渉  1994年設立の同社は、不動産会社や保険会社での ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日