開発

その他

モルガン・スタンレー証券・大室 友良エグゼクティブディレクターに聞く/SPC評価損リスク/大手総合デベロッパーに注目

 不動産開発事業者は、バランスシート(貸借対照表)から外すビジネスモデルで旨みを知ってからSPCを活用した事業展開に積極的に動いてきた。2003年から07年にかけて大手総合デベロッパー6社(三井不、三菱地所、住友不、野村不、東京建物、東急不)によるSPCの資産残高の合計は約2.6倍に膨らんだ。07年度のSPCの合計資産額は約3.4兆円にのぼる。だが、景気の急減速により、SPCに対して積極的に資金を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日