行政

その他

国交省/環境の評価手法を具体化/09年度にWGで検討

 国土交通省は09年度、環境に配慮した不動産を普及させるため評価手法の具体的な検討に入る。08年度は学識者や不動産業界関係者などで「不動産における環境の価値を考える研究会」(座長・野城智也東京大学教授)を設け、普及に向けた方策や海外の実情など研究を進めていた。  これまでの検討では、環境価値の共有化や、価値を分析・評価するためのデータ蓄積・情報収集・提供の仕組みの構築、政策的支援などの必要性が指摘 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日