行政

その他

災害リスクで土地利用規制/安全・安心まちづくり 都市計画法に反映も

 社会資本整備審議会都市計画・歴史的風土分科会都市計画部会安全・安心まちづくり小委員会(委員長・岸井隆幸日本大学理工学部教授)は27日、中間とりまとめ案の審議に入った。災害リスクの高まりや、少子高齢社会に対応。リスクに応じた土地利用など政策展開の方向性を盛り込んだ「安全・安心まちづくりビジョン」としてまとめる。中間報告は、都市計画法の改正を視野に都市政策の方向を検討している都市計画部会に報告し、審 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日