その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(740)/ワイズ不動産投資顧問・山田 純男/堀切の借地権付建物/年利20%超える投資/個人投資のチャンス

 昨年秋からの金融危機以降、不動産の買い手として事業者はすっかりその力を失った。収益物件などの買い手は個人の富裕層を当てにするようになったと言われる。  競売市場ではと言うと、やはりまだ落札者の多くは再販業者が中心ではある。しかし、3月19日の開札では、28物件が個人名で落札されており、特に再販しにくそうな特殊物件などは個人落札になっている。 例えばこの日、借地権付建物14物件が売却されたが、その ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日