その他

連載

不動産取引の実務入門講座(9)/千葉 喬

Q:媒介業務で、取引の対象とされる対象物件を特定することは重要ですが、その前提作業である建物の調査で注意すべき点を教えてください。 【解説】 1.物的調査確認  物的調査の基本は、建物の所在地、種類、構造、面積、設備等の現況や近隣周辺の環境を調べることであり、これらの点は賃貸借や売買の媒介の場合であっても、特に異なるところはありません。  ただし、次のような事項については注意して調査確認する必要が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日