その他

連載

不動産金融のチカラ(36)/澤田 考士/多様化望まれる投資家構成/市場安定促す長期資金

 不動産投資市場への新たな資金導入は、不動産証券化に期待されてきた大きな役割であり、低迷する不動産市場に新たな買い手を創出し、市場を活性化させるのがその主たる狙いであった。幸い、不動産証券化の普及とともに、不動産ファンドが不動産の強力な買い手となって不動産市場の活性化に寄与してきたというのが現下の金融危機が顕在化する前の状況であった。  不動産証券化商品は実物資産とは異なって小口化されており、かつ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日