不動産証券化

その他

アトリウム/融資保証事業から撤退/不良債権型事業に特化

 アトリウムは、不動産融資保証事業と、企業や不動産プロジェクトにエクイティ出資する戦略投資事業から撤退し、中小型不動産を短期間にバリューアップして売却する流動化とサービサーの両事業を中心とした不良債権型ビジネスに特化した事業に再構築する。親会社であるクレディセゾンの全面支援を受けた再建計画を機に、開発を伴う事業を大幅に縮小する一方、不動産市況の悪化に対応したビジネスによって収益基盤を確立。並行して ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日