不動産証券化

その他

アトリウム/親会社支援で再建/7月末で上場廃止

 アトリウムは、不動産融資保証事業などからの撤退によって08年度(09年2月期)に550億円の債務超過になる見通しとなり、現在39%の株式を持つクレディセゾンからの金融支援で再建を図ると同時に、同社の完全子会社になると発表した。7月28日付で上場廃止になる。  アトリウムが持つ約900億円の借入金などをクレディセゾンが引き受けることで一本化し、それ以外の債務の返済原資として約330億円をクレディセ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日