その他

連載

売上直結!メールからの顧客開拓(41)/アズハウス代表・片岡 婦美江/物件資料をスピード送付

■地元X自社サイトの場合  前回から、資料請求で最低限の情報しか取れないお客に対して、どのようにメール営業のアプローチをしていくか、具体的な文例をご紹介しています。  最低限の情報から、「物件の地元に住んでいるか、地元外か」「不動産ポータルからの請求か自社サイトからの請求か」の2つの分類ができます。これらを掛け合わせて4種類のお客が存在することになります。そのなかで、前回は「地元×不動産ポータル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日