分譲

その他

東栄住宅/用地仕入れを再開/在庫処分にメド 戸建賃貸も開始

 東栄住宅は、前々期(08年1月期)下期からの事業再生計画により棚卸資産や有利子負債などを削減できたとして、今期(10年1月期)から戸建分譲事業の用地仕入れを積極的に進めるほか、高い資本回転率の維持、過剰在庫を抱えないスキームを確立する。マンション分譲事業は、竣工済み物件販売を上期で終了し、未着工分は当面凍結する。また、戸建賃貸請負事業を開始するなど、今下期を本格的な回復時期に位置付ける考えだ。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日