ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(547)/ハウジングライター・藤原 利彦/大和ハウス、環境エネルギー事業に参入/進む新規事業の開拓/店舗照明の省エネ化を提案

 大和ハウス工業は創業50周年を期に「あ・す・ふ・か・け・つ」(安全・安心、スピード・ストック、福祉、環境、健康、通信)をキーワードにアライアンスや研究開発を強化、新規事業開拓への種まきを行ってきたが、ここにきて新規事業が立ち上がってきた。昨年10月のロボットスーツHALのリース販売開始に続いて4月からは環境エネルギー事業をスタートさせる。  環境エネルギー事業は白色LED照明システム「グレースル ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年3月30日