行政

その他

国交省/欠陥住宅、トラブルに対応/消費者政策で常設機関

 国土交通省は、住宅の重大瑕疵や賃貸住宅の契約トラブルなど消費者政策を検討する常設の審議機関を設置する。  住生活基本計画で定めた基本4政策の一つである「市場重視」に対応。事業者に比べて専門的知識の少ない消費者の利益保護や健全な市場育成を図ることが目的だ。  審議機関は、社会資本整備審議会住宅宅地分科会に「消費者政策部会」として設ける。7月31日に開いた分科会で設置を決めた。  今年10月に本格施 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月3日