その他

特集

【09年下期の展望と課題】本格回復へ秋の商戦注視/手頃価格で需要喚起/課題は資金調達難の解消

 2009年度の上半期も残すところわずかとなった。分譲マンション業界は、価格調整が進んだことで年明けから旧価格帯に戻したマンション販売が好調に推移し、在庫数も6月末時点で7千戸台にまで圧縮が進んだ。実効性は推し測れないが、官民共同ファンドやゆうちょ銀行の資金を不動産に振り向けるといった施策も打ち出され、不動産マーケットの回復に期待を寄せる声も少なくない。下半期の分譲マンションと建売住宅の市場動向を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月3日