行政

その他

国交省/組織は「独法」「会社」併記/住宅金融に公的関与継続

 住宅金融支援機構の今後の役割と組織のあり方を検討していた「住宅金融のあり方に係る検討会」(座長・八田達夫政策研究大学院大学学長)が報告書をまとめた。長期固定の住宅ローンの必要性やMBS(不動産担保証券)市場が未成熟であることなどから、公的関与のある機関が証券化支援業務を行うことの必要性を認めた。組織については、現行のMBS発行の条件から会社更生法が適用される形態を避ける方向で特別法に基づく株式会 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日