行政

その他

国交省 増田優一総合政策局長が会見/資産デフレ対策 必要なら追加も/温暖化対策も重点化

 国土交通省の増田優一総合政策局長は7日、専門紙と会見し、経済危機対策への対応として「Jリートの動きなど一部に持ち直しの動きも見られる。実態をしっかりと把握し、必要ならばさらなる対策を採っていきたい」と述べた。  今回の景気低迷について増田局長は「サブプライムローン問題を引き金に住宅を中心に資産デフレを引き起こし、金融全体を巻き込んだ。景気悪化と雇用不安で住宅・不動産業界では、倒産も相次いでいる」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日