行政

その他

国土交通省/時間所有型住宅でモデル3件を採択

 国土交通省は、長期優良住宅等推進環境整備として公募していた「タイムシェア型住宅供給の促進」について、3件の採択を決めた。  タイムシェア型住宅は、リゾート物件などを1年のうち一定の期間利用できるもので、欧米では普及が進んでいる。登記可能な国もあり、日本で一般的な会員権型リゾートに比べ、消費者の権利が強いケースが多い。国交省は、公募型事業を通して、日本にあった事業スキームを探る。  採択されたのは ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日