その他

連載

08年度マンション総合調査を読む(5)/長期優良住宅普及への課題/マンションの履歴情報/メリット生きる社会体制整備を/明海大学 不動産学部教授・齊藤 広子

■義務化された住宅履歴情報  6月に長期優良住宅の普及の促進に関する法律が施行された。1カ月で約3000の住宅が認定を受けた。まさに新しい時代に入った。  認定長期優良住宅は住宅履歴情報(建築及び維持保全の状況の記録)の作成と保存が義務付けられる。建物を長期に使うには、計画的な修繕の実施が重要である。そのために、計画書はもちろん必要であるが、実績情報のストックも必要だ。  住宅履歴情報は認定住宅 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日