分譲

その他

大手各社の第1四半期決算

■三菱地所/営業利益25%減 物件売却の反動  三菱地所の4―6月期連結決算は営業利益が前年同期比25.1%減の299億円だった。前年同期の資産開発事業で「トレードピアお台場」などの物件売却の反動が主な要因。売上高は前年同期比で横ばいの2096億円で、進ちょく率は20.1%となった。  ビル事業は、丸の内パークビルの新規稼働やチェルシージャパンの連結化により増収増益となった。平均賃料は丸の内パー ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日