分譲

その他

不動産経済研/契約率3カ月連続70%台/7月首都圏マンション 底入れ感広がる

 不動産経済研究所が13日に発表した7月の首都圏マンション発売戸数は前年同月比9.1%減の3230戸で23カ月連続の前年比マイナス。ただ、新規発売戸数の対前年同月の落ち込み幅が大きく縮小したほか、在庫数も前月末比482戸減少し7446戸と減少傾向が続き、住宅の底入れ期待感がマーケットに広がった。契約率も75.3%で、契約率の70%台は3カ月連続となった。1戸当たりの価格は4628万円。  エリア別 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日