資格・試験

連載

「賃貸不動産経営管理士」講座(27)/賃貸不動産経営管理士協議会

■定期報告 (1)信頼関係の基となる定期報告の必要性  契約更新や解約、あるいは原状回復といった賃貸借の区切りの場面は当然として、これ以外の場面でも、管理業者は定期的に貸主に賃貸借の対象となっている物件や借主の状況などを報告し、現状についての理解を求めると同時に、貸主の賃貸経営に役立つ情報の提供を心がけるべきである。  こまめな報告・情報提供は貸主との信頼関係を醸成することにつながる。特に、ここ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日