不動産証券化

その他

横浜、ビルストック急増/今後3年で最大2割/3大都市も6~8%増加

 (財)日本不動産研究所が公表した08年末のオフィスビルストックと09~11年の新築ビル計画をもとに、今後3年間の供給率(08年末のストックに対する新規供給量の割合)を算出したところ、横浜は21.95%と今後3年間で現在の市場ストックを2割押し上げる大量の供給予定があり、3大都市圏も計画すべてが予定通り進めば現在のストックを6~8%押し上げることが分かった。  新築ビルのうち一定程度は建て替えによ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日