分譲

その他

新日本建物/財務安定化を最優先/再販で利益、新規開拓は4年後

 新日本建物は、今期(10年3月期)から買取再販や工事中断物件の再生を事業の柱に、財務基盤の安定化による経営建て直しを図っている。その陣頭指揮を執るのが6月26日付で就任した壽松木康晴(すずき・やすはる)社長。「買取再販・再生事業や工事中断物件の再生はビジネスチャンスであり、業界が次のステージに向かうための社会的使命」と話す壽松木社長に、今後の事業戦略を聞いた。  ―今後の抱負を  「以前の体制と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月17日