不動産流通・売買・仲介

その他

不動産投資市場に底打ち感/都心部で価格上昇の兆し

 金融危機以降、極端な買い手不足が続いてきた不動産投資市場に底打ち感が広がっている。景気減速に歯止めがかかってきたことに加え、これまで市場を底支えしてきた個人投資家の購入意欲がなお根強いこと、一部ではあるが取得再開に乗り出す法人も出ていることから都心部では価格改定に舵を切る売主も増えている。ただ、こうした動きが全体に波及してくるかはなお不透明だ。 ■主役は個人、法人に動きも  三井不動産販売の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月24日