行政

その他

内閣府/地震被害想定支援ツールを公開

 内閣府は20日、「地震被害想定支援ツール」を公開した。建物の耐震化や家具の固定など地震対策の効果を被害量、減災効果を計算することでパソコン上で確認できる仕組み。事業継続計画の作成を検討している企業や、被害想定を行う自治体、多くの不動産を抱える企業などでの活用を想定している。  対応しているのは、中部圏・近畿圏の2府7県。24日まで開催中の防災フェア2009inはままつ」にも出展している。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月24日