その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(759)/ワイズ不動産投資顧問・山田 純男/今年最高の入札本数69本/武蔵小山のマンション 安すぎた売却基準価格

 8月6日開札では、またまた今年最高の入札本数の記録が塗り替えられた。その物件は東急目黒線「武蔵小山」駅徒歩7分に立地する築12年で専有面積約15.5坪の2LDKのマンションだった。  この物件の売却基準価額は1001万円であったが、これに対し69本もの入札があり、最高価2759万円にて落札されていった。これほどまでの大量入札を生む原因に、一つには売却基準価額がかなり低い水準で出ていることにあろう ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月24日