資格・試験

連載

「賃貸不動産経営管理士」講座(28)/賃貸不動産経営管理士協議会/敷金と保証金の精算(原状回復)

(2)住居用建物の原状回復とガイドライン  (1)「原状回復」の法的解釈  「原状回復」の「原状」は広辞苑では「元のありさま」であるが、ここでは法律用語としての「原状回復」、賃貸借における「借主の原状回復義務」である。  代表的な判例によると、借主の「原状回復」とは、「社会通念上、時間の経過および建物の通常の使用によって生ずる建物の自然損耗についてまで、それがなかった状態に回復すべきことを要求して ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月24日