その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(565)/ハウジングライター・藤原 利彦/省エネ・エコ住宅、ミセスの意識/費用や効果に高い関心/企業の情報提供は不十分?

 住宅新商品は太陽光発電など省エネ・エコを前面に出し、環境に優しい、家計に優しい住宅が主流。環境性能のアピール合戦を展開しているが、意外にもミセスが知りたい情報が届いていない、情報が不足している……。  トステム住宅研究所フィアスホームカンパニーはこのほど「ミセスの省エネ・エコ住宅に関する意識調査」をまとめたが、96%のミセスが家を建てる時には省エネ・エコ住宅を取り入れたいと考えているものの、意外 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月24日