その他

その他

兼松日産農林/住宅地盤補強で新工夫/環境貢献も 10月初旬から受注

 兼松日産農林は木杭くいを使った「環境パイル工法」(環境負荷軽減型地盤補強工法)を開発し、10月初旬から受注を開始する。1月当たり2000本を生産ラインに乗せて初年度に600棟、2年度目からは3000棟(1万本/月)の受注を見込む。  従来の木杭を用いた技術には腐朽やシロアリなど耐久性に懸念があり、支持力係数が明確でなく経験則にそった杭配置をしていた。今回の技術では、円柱状の木材を圧入専用重機で地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月24日