その他

連載

駅前不動産屋奮闘記/出口地所・出口 和生/日本語の心やさしさ

 あるフランス人いわく「出来るだけ日本語を話したい。日本語を話すと気持ちがやさしくなるのが自分でも分かるから」。私たちは日本語の“ど真ん中”で生活しているので気がつかないのですが、日本語にはそういった特色があるのかもしれません。  日本語は気持がやさしくなる。ならば職務上気持があまりやさしくなっては困るサムライたちは、出来るだけ日本語をしゃべらない方がいいわけです。だから「寡黙」が徳目とされるよう ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月31日