不動産証券化

その他

ケネディクス/カーライルから240億円のAM受託

 ケネディクスは、米投資ファンドのカーライルが組成した日本不動産に投資するファンドのアセットマネジメントを受託した。資産規模は約240億円。ケネディクスは出口戦略を含めたマネジメント業務を担う。  ケネディクスは同社が開発した東京のオフィスビル「KDX豊洲グランスクエア(延べ約6万3000平方メートル)」を6月にカーライルに売却し、同時にアセットマネジメントを受託したばかり。今回のファンドの新規受 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2009年8月31日